理事長 岸本雅吉の「医療法人メディア」ブログです。。。 100%抜かない「MK式矯正法」を実践した症例写真や患者さんの声をご覧ください。。。 『抜かずに治す「歯並び」』の本をHPにて無料贈呈中(限定)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

口元

矯正治療で、口元が本来の位置から出たらおかしく見えます。
当然、口元が入りすぎてもおかしく見えます。
ある抜歯矯正を行っている技術の先生が、小臼歯を抜かずに治療すると、なぜ口元が出てしまうのか。また、それを見て、小臼歯を抜かないと口元が出ておかしくなると言われるのか。

それは、前歯が本来の位置より前に出ているからですが。
前歯が出るのは、大臼歯が前に傾いて出ているからです。
つまり、不正咬合の原因である傾斜した大臼歯を、後ろに起こせばいいのに、その大臼歯を起こすことができない技術だからです。 だから、すべての歯が前方にあおってしまい結果として口元が出てしまうのです。
その先生が、技術的に大臼歯のコントロールが出来なかったのです。
技術不足をスペース不足に置き換えていたのです。
簡単ですね。

抜かずに治す矯正術では、全ての歯が遠心に直立させることが出来る技術なので歯並びは突出することはない。 かといって入りすぎて不自然になることも無い。
本来のその人の自然の位置の落ち着くのです。
そして、口元はその人本来の状態になり数年後には顔全体のバランスが取れてきます。。
スポンサーサイト

 | HOME |  »

カレンダー

« | 2008-10 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別記事一覧

カテゴリ別記事一覧

最近の記事

プロフィール

医療法人メディア

医療法人メディア


理事長である岸本雅吉の著書『抜かずに治す「歯並び」』で提唱している、『MK式矯正法』を実践している歯科グループです。

定期的に無料説明会も開催しておりますので、ご興味のある方は、医療法人メディアの無料説明会ページをご覧いただき、お問い合わせください。

FC2Ad



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。